セフル脱毛

HOME > セルフ脱毛の仕方

セルフ脱毛ってどうすればいいの?

セルフ脱毛したいけど、どうやって良いのか不安だというあなたのために、痛くなくてキレイに処理できるセルフ脱毛のやり方をご紹介します。

脱毛器を使ったセルフ脱毛の仕方

Vラインの脱毛方法は、カミソリか毛抜きを利用する方法もありますが、カミソリの場合は、青ぞりになったり、毛抜きだと毛根手前で毛が切れて黒玉後が残り易いですね。

水着や下着から黒いつぶつぶが見えては、脱毛しても剃った感じが見え見えで逆に恥ずかしいこともあります。


それなら、毛根から抜いてしまいましょう。光タイプのホーム脱毛器は毛根へショットをするので、数日で毛根の毛が抜け落ちます。予定に合わせて行えばお出かけ当日はお肌はつるつるになります。


光脱毛なら、レーザー脱毛の様な痛みも少ないです。Vラインの脱毛は、レベルを弱くして使ってみましょう。それでも抜けが悪い様でされば、少しずつショットレベルアップさせてください。


エステでVラインを脱毛する場合は、台に横になりショーツを履き変えて、タオルなどを掛けて行います。大きく股を開く事はなくても、足をクロスしたりするので、抵抗のある方もいます。


またIライン脱毛はメーカーは推奨していないのですが、弱にして使用することも不可能では無い様です。Vライン脱毛も、毛抜きで抜くと痛いですし、赤くなります。

痛みで涙目になった経験のある方もいると思いますが、光脱毛ならきれいにそして簡単に脱毛が可能です。


オシャレな水着も、ショーツもVラインのむだ毛も、ホーム脱毛があればもう気にすることなく楽しむことができます。また、使い続けることで毛が薄くなっていきます。

これも、光脱毛の利点です。



■光脱毛の家庭用脱毛器:ケノン